雑記

えなの日常徒然日記

<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - |
「このままうちにおいで?」

疑問系で聞いてきた奴だけど、誰が聞いても、「来い」って命令形な雰囲気を出した言葉だった。
繋いだままの手が、アツイ。
どっちがアツイのかはわからないけど、きっとあたしの方がアツイんだと思う。

今日、告白されて、拒否して、でも滅茶苦茶にアプローチされて、結局圭佑が間に入ってくれたことで、奴と付き合うことになった。

ヤダって言う、意地っ張りなあたしを、これまた意地っぱりな態度で落とした奴。
自信家で、容姿が良くて、仕事も出来るなんて詐欺だ。
まぁ、性格が悪いんだけど。


そんなことをつらつらと考えていると、繋いだ手を軽く引かれた。

「おいで?」

表面にこやかだけど、自信にあふれたその顔に、デコピン食らわせてやりたい。
・・・・・いや、しないけど。
きっと真っ赤になってるあたしの顔は、奴にはバレバレなんだろう。
そんな些細なことが気にくわなくて、返事をせずにそっぽを向いた。

「あ、あのコンビニでゴム買って帰ろう」

前を向くと、200メートルくらい先に緑色の光が見える。

「あんなとこにコンビニあったんだー・・アイス食べたいかも・・」
「じゃあ、アイスとゴム買ってうちに帰ろう?」
「うんー・・・・・・・・・・ごむ??」

アイスだー、と喜んでいたあたしだけど、ごむ、という単語に引っかかりを覚える。

「・・・輪ゴム?なんで?」
「輪ゴムじゃないよ。ごーむ」

にこにこと笑顔が増したような気がする。
ってゆーか、ゴムって・・・流石に26年無駄に生きてれば意味くらいわかりますが、認めたくはありませんー!

「なんでゴムがいるんですか?」

うっすらと冷めた笑みを浮かべて、あたしは聞いた。
けど、そんなのお構いなしに奴は首をかしげる。

「ナマでヤッてもいいなら全然必要ありませんが?」
「はっ?!ばっ・・・バカ言わないで下さいっ!!」

真っ赤になって怒鳴り返すあたしを、奴はとても面白そうに見る。

「じゃあ、やっぱり買わなくちゃね。大丈夫、アイスもちゃんと買ってあげる。ハーゲンダッツ好きでしょ?」
「うん、好きですー・・・じゃなくてっ!」
「ハイハイー」

納得してないあたしを、奴は有無を言わさず引きずってコンビニへ入っていった。


続きを読む >>
| 17:12 | Geta Way | comments(0) | trackbacks(0) |